身内バレしない働き方と売り専が設定しているシステムとは

マッチョな男性

女性間でブームになっている売り専

同性である男性のお客さんに対して性的なサービスをしなければならない。売り専の仕事に対してこのような認識を持っている男性も多いのではないでしょうか。
男性が売り専の仕事をする場合、基本的に同性のお客さんを相手にすることが多いです。その中には同性愛の人も少なくないので、そのような場面も結構あります。しかし、売り専のお店を利用できるのは男性だけではありません。女性でもこのお店を利用してサービスを受けることができるのです。OLや女子大生など若い女性の間で、売り専がブームになっています。その影響からかここ最近は、男性のお客さんと同じくらいの割合で女性が利用しています。そのため、男性が売り専の仕事をする場合、女性と接客する場面も増えています。なぜ、女性の間で売り専のお店がブームになっているのでしょうか。
それは、低コストで自分の気持ちや性欲を満たせるからです。女性が男性と遊べるお店というとホストクラブがあげられます。しかし、このお店を利用するとどうしても高いお金が必要になります。また性的サービスを受けられないので、自分の性的欲求も満たせません。しかし、売り専の場合は、1万円以下の料金で遊べる場合もあります。また男性から性的なサービスを受けることも可能です。このような理由で、売り専に興味を持つ女性が多くなっているのです。

売り専で働いている男性について

ブルーワークと呼ばれる体を使って仕事をする職業は男性のたくましさを活かすには最適な職種だと言えるでしょう。工場での作業、引越し屋さんなどハードワークが要求されることも少なくありませんが、男性の力を如何なく発揮できる職場でもあります。しかし、これらの一般のブルーワークとは少し違った形で体を使いながら仕事をする男性の職業があります。それは売り専という職種で、男性キャストがお客さんに対して体を使っていろいろなサービスをします。
一般のブルーワークの仕事と同様にやりがいもあり、短期間で高収入を得られるのが魅力だと言えます。お金をたくさん稼ぎたいと考えている男性の中で、この仕事に興味を持つ人も少なくありません。そこで、売り専のお店で仕事をしている男性はどのような人がいるのでしょうか。まず一人暮らしをしている大学生や専門学生でお金に困っている人があげられます。特に生活費を自分で稼がなければならないような人は、短期間で効率的に稼げる売り専の仕事をする人が多いです。次に収入を上げたいと考えている若いサラリーマンの男性も目立ちます。完全自由出勤制度を採用しているので、副業として仕事をする人が多いです。それから、転職先に売り専のお店を選択する男性もここ最近多くなっています。

売り専の専門店が設定しているサービス

優良な売り専の専門店ではロングコースや3Pなどのオプションを設定していて、数万円程度の予算で長時間のコースに申し込める店が増えています。売り専に在籍している男性スタッフの中で気に入ったスタッフを選んだり、イケメン風の男性と個室で仲良くなりながら長い時間に渡って遊べるオプションを設定している店を選ぶ事も楽しみ方として有効な方法です。
最近は数人のイケメン風の男性と遊べるオプションを完備している店が人気で、複数の男性に囲まれながら遊ぶ事に醍醐味を感じる利用客が多いです。店舗で稼動している事を考慮すると遊ぶ人数が多いほど料金が上乗せされる傾向ですが、楽しみを念頭に置いて遊ぶ事を考える場合は料金的に余裕があれば3Pのオプションを申し込む事がお勧めです。普段の売り専のサービスを楽しんでいる利用客にとって、3Pのコースを申し込めば日常の生活で味わえない遊びを味わえる事が魅力的です。普段の生活で味わえないサービスを楽しんだり、友達と付き合う感覚で絡み合いながら遊べるので、オフィシャルサイトなどの情報で好みのスタッフの特徴を事前に察知しておきます。ロングコースや3Pのコースを選ぶ時には、予算の面も配慮しておく事が必要なので、料金などの細部のシステムを確認します。


売り専で人気の男子学園は刺激を求めている方や、癒しがほしい方におすすめです!普段味わうことのない新感覚をぜひ体感しましょう!優しい男性ばかりですので、満足できる時間を過ごすことができるのです!

服を破る男性

売り専が増える背景や事情

そもそも売り専という言葉そのものがむだまだ認知されていない状況です。いわゆる、男性が男性に性的…

MORE ▶

笑顔の男性

売り専で身内にばれないようにするには?

売り専とはゲイの人向けの風俗のことです。さて、そんな売り専で働く男性が増えています。理由は女性…

MORE ▶

モノクロの男性

売り専に関すること

ネットでの露出度も多くなっている売り専は、近頃かなり注目されるようになりました。自分に自信があ…

MORE ▶